保育園 託児所は 神戸 三宮 24時間保育のマーノ・マーノ

オートロックの設備、セキュリティ会社との提携、県警直結の非常ベル など安心安全の配慮をしています。

園内設備にも各場所に安全にこだわった配慮を工夫しています。
(ドアの開閉時の指つめ防止、ドアノブの高さ、コーナー場所の安全クッション、など・・・。
三宮園は階段がございますので、階段ステップはお子様に合わせた高さ、両サイドの手すり、ステップの滑り止め、階段途中の踊り場など配慮を凝らしています。)

歯磨きや手洗いもお子様の高さに合わせた設備で自らすすんで行える工夫をしています。お子様の年齢に合わせて、自らすすんで洋服や靴の着脱やボタン締めなど出来るように見守るようにしています。玩具類や食器のお片づけもすすんでしてくれるようになります。
入浴設備も各園にございますので、外で汚れた時やお尻も洗えます。

衛生面では調理に係わる職員の毎月の検便を行い、手指の消毒、充分な過熱処理の給食、寝具の乾燥消毒や毎日の洗濯、玩具類の消毒なども定期的に行っています。
給食は温かい物は温かく、おかわりも自由に、毎日が愛情込めた手づくり給食です。食事制限のあるお子様にもそれぞれに配慮したメニューを工夫しています。

勿論、離乳食も手づくりです。レトルト食品などは一切使いません。お友達と一緒に食べる給食は、食もすすみ偏食も少なくなります。

 

保育課題
毎日の歌、毎月の製作、月毎のクッキング、週毎のレッスン(体操・文字・数・英語など)、月毎の身体測定を行っています。
また、遊びを取り入れながら自然に身につく教育を主に実行しています。
乳幼児期は、お友達と関わり、外の季節を感じ、大人からの愛情を一身に受けながら、学び感じ取り、情操の安定があると考えています。
保育を通して、お友達との関わりや優しさ、譲り合い、いたわりなど様々な感情を育み、
「お子様の元気な笑顔」を大切に、愛情を注ぎ、楽しく過ごせて成長出来るように見守っています。

Mano Mano 保育所の概念

私達は安全および安全を Mano Mano の養樹園の学校の上の優先事項と考慮するそれは私達が私達の建物で自動ロック装置を使用し、保安会社と提携するなぜであるかである。 安全性を高めるため、県警察と直接つながる緊急ベルを設置しています。

外に出るときは、各場所の安全性を慎重に考慮します。 事故防止のため、建物内には児童養護対策を設置しています。 ドアを開閉する際に、お子さまの手の事故を防ぐため、ドアノブを高さにしました。

安全クッションは、傷を防ぐために鋭角なコーナーに配置します。 すべてのコンセントには、好奇心旺盛な手がさまようのを防ぐために、安全なプラグが挿入されています。

階段の上では子供に適していることを確認しました。 階段を上る子供たちをガイドするために、両側に手すりを置きます。 また、階段に沿って、滑りや滑りの事故を防ぐため、各着陸に滑り止めマットを取り付けています。

バスルームの安全性も高い

子供の身長に適した器具を使って歯を磨き、手を洗う方法を考案しています。 お子様の年齢によっては、バスルームでのお手伝いが必要な場合は、スタッフが喜んでお子様をサポートします。 しかし、できるだけ、服を自分で着せたり、脱いでしまうなど、個人的な雑用をすることを奨励しています。 これはまたそれが彼ら自身の後できれいになることに来るときそれらを使用してされたらおもちゃおよび食器を置くことに適用する。

安全対策

衛生面では、キッチンスタッフが子供の食べ物を安全に取り扱うことを確認するため、毎月健康診断を実施しています。 ベッド、ファブリック、玩具などの設備や機器の消毒を定期的に行っています。 熱処理と消毒は、すべての細菌が除去されるようにするために行われます。 洗濯物は毎日洗濯されていて、ウイルスが拡散する余地がありません。

食事

キッチンのスタッフが、毎日無料のリフィルで温かい自家製料理を提供しています。 お子様の食事制限や食物アレルギーを考慮したメニューをご用意しています。 ベビーフードも自家製です。レトルトポーチの料理は一切使用していません。 私達はあなたの子供が健康に食べていることを私達がそう安心する準備する各皿の栄養の内容を考慮する。

育児問題

子供は毎日歌を演奏する。 毎月、メニュー全体を変更し、物理的な測定を行い、毎月子供たちとの生産を行います。 毎週、体操、文字、数字、英語などのレッスンがあります。

また、子どもたちが遊ぶときに自然に学べる教育を主に行っています。 子どもたちは学習しやすく、育児を通じて、友情、親切さ、交際、介護などのさまざまな感情や価値を育んでいます。 子供たちの陽気な笑顔を大切にし、成長しながら自分たちを楽しむことができるように、子供たちを見守っています。